『食を乞う』ふたたび

June 7, 2006

060607_1.jpg
うーむ、何度詠じても心にしみるいい詩だ。 (cf. 食を乞う

060607_2.jpg
わたしの場合、瞳孔を開いてみせればワシが気持ちを察してくれたものだが、

060607_3.jpg
アレの…

060607_4.jpg
ダイエットが急を要するものとなったために、モリーが間食を許さんのだ。

060607_5.jpg
ああ、世知辛い世の中になったものよ。

わたしもあてどもなく歩き続けて、村里のとある家の門を叩いてみたいものだ。

2006 テト&蘭丸