ねこじゃらし礼賛

August 6, 2006

060806_1.jpg
ねこじゃらしにもいろいろあれど、

060806_2.jpg
結局基本のカタチに落ち着いた。思うままにねこじゃらしを操り、猫を操るにはこのカタチが最適。

ふさふさの部分は何でもいい。
店にこれしかなかったというだけのことだったが、意外にもふさふさ部分が大ウケ。
060806_3.jpg
羽根の部分が

060806_4.jpg
おいしい。

060806_5.jpg
毛皮の部分がおいしい。

060806_6.jpg
ねこじゃらしとしては不本意な気に入られ方で、ほどなく無念の最期を遂げた。

060806_7.jpg
と思いきや、満身創痍の今もなお、猫を操るあっぱれなヤツ。

2006 テト&蘭丸